ドラマ

天国と地獄【考察】暗闇の清掃人φの作者は誰?謎が謎を呼ぶミステリーに興奮!

天国と地獄【考察】暗闇の清掃人φの作者は誰?謎が謎を呼ぶミステリーに興奮!

「天国と地獄」の「暗闇の清掃人φ」の作者は誰なのか?

また、正体は誰なのか?

に関する考察をまとめて紹介!

事件と深い関係がある「暗闇の清掃人φ」の漫画の謎に迫ります!

こちらの記事では、「天国と地獄〜サイコな2人〜」のネタバレを含んでいる可能性があります。

ドラマを最新話まで見ていない方はご注意ください。

天国と地獄【考察】暗闇の清掃人φの作者は誰?

天国と地獄で起こる連続殺人事件は、「暗闇の清掃人φ」の漫画の内容をなぞるように起きています。

「暗闇の清掃人φ」の作者が犯人なのか?

または、裏で糸を引く黒幕なのか。

いずれにしても、事件と深い関係があることは確実です。

しかし、作者が誰なのかについては、

今のところ明らかになっていません。

そこで、SNSなどで繰り広げられている考察を元に、

「暗闇の清掃人φ」の作者について考察します。

作者の候補①日高陽斗

  • 「暗闇の清掃人φ」の漫画を所持していた
  • 清掃人φと同じ役割を果たしている

「天国と地獄」第6話で、「暗闇の清掃人φ」の原稿は、

日高<彩子>の元に渡りました。

しかし、直前まで所持していた彩子<日高>が漫画の作者である可能性は、現状かなり低いですが、ゼロになったわけではありません

漫画では、

「ミスターX」と名乗る人物から「数字」で指令を受けて、「清掃人φ」がターゲットを葬るというルールがあります。

実際に、彩子<日高>も、漫画の「清掃人φ」と同じように役割を果たしています。

作者の候補②十和田元

  • 東朔也の前に「暗闇の清掃人φ」の漫画を所持していた
  • 銀行口座の名義が「クウシュウゴウ」=「φ」

第6話で登場した十和田元。

3年前の未解決事件である法務省官僚殺人で、目撃者の戸田一希から「フィットネスジムの名簿」を買っていたことが判明してます。

一連の事件の核心に迫ったかのように思われましたが、十和田元はすでに自殺によってこの世を去っていました。

しかし、十和田元の身辺整理を清掃会社に依頼した不動産会社で、

「十和田元の持っていた漫画を“東朔也”という人物が持ち去った」ことがわかります。

どういった漫画かまではわかっていませんが、「暗闇の清掃人φ」であることはほぼ間違いありません。

ちなみに「元」は、「元旦」や「元年」のように「始まり」を意味する単語です。

φは、「0」の代用数字として用いられることもあり、「始まり」という意味を含んでいます。

もしも、十和田元が「暗闇の清掃人φ」の作者なら、

「暗闇の清掃人・元」としたかったのを、自分であるとわからないようにするために「φ」という記号に変えたのかもしれません。

作者の候補③東朔也(あずまさくや)

  • 十和田元の遺品から「暗闇の清掃人φ」の漫画を持ち出した
  • 彩子<日高>が、死亡届リストで名前を検索していた

「天国と地獄」第6話で登場した人物。

日高陽斗、十和田元と関係があるようです。

まだ登場したばかりなので、わかっていることも少ないですが、

事件の鍵を握る、かなり重要な人物であることは間違いありません。

天国と地獄【考察】暗闇の清掃人φの正体は誰?

「天国と地獄」で起こる事件と、「暗闇の清掃人φ」の漫画は密接な関係にあります。

漫画になぞって事件が起きているため、

漫画に登場する「ミスターX」と「清掃人φ」の役割を担っている人物が実際にいるはずです。

ここでは「清掃人φ」の候補を考察したいと思います。

暗闇の清掃人の候補①日高陽人

日高陽人が暗闇の清掃人だと考察する根拠

  • 「暗闇の清掃人」の漫画の原稿を持っていた
  • 現場で実際に犯行に及ぶ描写がない(ゴルフクラブで殴打の動画はフェイク)
  • 清掃道具を扱う「コ・アース社」の社長
  • 「執行者」が現れなかったため、「9」は無事だった。

「天国と地獄」第6話で、「9」の数字の指令を受け取った彩子<日高>は、ターゲットの家に昼のうちに忍びこみます。

ちなみに、清掃員であると偽装して侵入しています。

夜になって、潜んでいたクローゼットからターゲットが眠る寝室へと向かいますが、別にいると思われる「執行役」の人間が現れなかったため、ターゲットとなった「9」は、翌朝も無事にウォーキングに出かけています。

このことから、日高陽斗は、現場から証拠を隠滅する清掃人である可能性が高いです。

暗闇の清掃人の候補②渡辺陸

渡辺陸が暗闇の清掃人だと考察する根拠

  • 日雇いで「掃除屋」の仕事をしている
  • 壁に書かれた「4」を消していた時、湯浅(バイトの先輩)に見つかって何か焦っていた
  • 事件の翌朝に朝帰りしている

真犯人は、主人公の最も身近なところにいる。

というのは、ミステリーやサスペンスでよくある王道的展開。

パターンに当てはめた推測からいっても、陸が「暗闇の清掃人」である可能性は十分あります。

ちなみに、「陸も誰かと入れ替わっている」という考察を見つけたのですが、これには私も同意です。

理由は、彩子と日高が入れ替わっていることを「あまりにも簡単に信じてしまっていた」からです。

「入れ替わり」を自分が体験しているから「彩子が考えるときに肘をたたく癖」を見て「入れ替わり」に気づけたのなら納得です。

暗闇の清掃人の候補③湯浅和男

第1話から登場している、渡辺陸のバイト先の先輩です。

陸曰く、「とても優しい人」で、実際、陸が困った時アドバイスしたり、親身になって相談に乗ってくれたりしています。

しかし、陸が「4」の落書きを消していた現場に現れたり、「9」のターゲットの家の近くに現れて、日高<彩子>と八巻の姿を見て、その場を離れていることから、一気に怪しい人物になっています。

天国と地獄【考察】φの意味は?

φの意味には次のようなものがあります。

  • 空集合(=要素を持たない集合)
  • ギリシャ文字の第21字
  • 直径を表す記号
  • 0(ゼロ)の代用記号
  • 電磁気学で磁束を表す記号

「天国と地獄」では「空集合」という意味で使われているようです。

また、もしも「暗闇の清掃人φ」の作者が十和田元だった場合、自分の名前を隠しつつ、存在をアピールするために「0(始まり=元)」の意味で使われている可能性もあります。

また、「天国と地獄」では、日高陽斗と望月彩子の魂が入れ替わっていますが、ストーリーが進むにつれて、これまでも「入れ替わり」が起きていた可能性が高くなっています。

もしも、ずーっと昔から「入れ替わり」を繰り返して長い年月を生きている人物が「φ」だとすれば・・。

「φ」の元の体は「存在しない」ことになります。

そういった意味で「空集合」という言葉を使っている可能性はありますね。

まとめ

以上、「天国と地獄の暗闇の清掃人φ」についてご紹介しました。

暗闇の清掃人φの漫画は、事件と深い関係があることは明らか。

漫画の作者も含めて、φの正体がとても気になります!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

天国と地獄【考察】真犯人は誰?目的は一体何なのか?
天国と地獄【考察】真犯人は誰?目的は一体何なのか? 天国と地獄の真犯人は誰で、目的はなんなのかを考察しています。 第7話で、日高陽斗に双子の兄がいることが判明。 真犯人は、双...
天国と地獄【考察】入れ替わり方が判明!?2人は戻ることはできる?
天国と地獄【考察】入れ替わり方が判明!?2人は戻ることはできる?天国と地獄の「入れ替わり方」について考察しています。階段から転げ落ちたことで体が入れ替わってしまった日高陽斗と望月彩子。また、「入れ替わりはこれが初めてではない」とう仮説も!2人は元の体に戻ることができるのかどうかについても予想してみたいと思います。...
天国と地獄~サイコな2人~が怖い!グロいシーンに脱落者続出!?
天国と地獄~サイコな2人~が怖い!グロいシーンに脱落者続出!? 「天国と地獄〜サイコな2人〜」が怖い!グロくて続きが見れない!と脱落者が続出! ストーリー、演出もさることながら、主演の綾瀬はる...