時事ニュース

サッポロ×ファミマの限定コラボビールは廃棄?「もったいないから買いたい」の声が殺到!

サッポロ×ファミマの限定コラボビールは廃棄?「もったいないから買いたい」の声が殺到!

サッポロビールとファミリーマートが共同で開発した「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」が、リリース直前になって発売中止になりました。

その理由はなんと「ラベルの表記にスペルミスがあったから」だったんです。

販売元のサッポロビールとファミリーマートが、このミスに気がついたのは商品ができあがってから。

そのため、ネットでは「発売中止になったビールは廃棄しちゃうの?」という声が殺到。

しかし、このビールがどうなったかまではニュースではわかりませんでした。

そこで、このビールの行方について同社のSNSアカウントを含めて調べてみました。

サッポロビールとファミマの限定コラボビールが発売中止に!

まさかの

スペルミス

発売中止になるとは・・。

確かに、「開拓」の文字の下にある英語が「LAGAR」になってます。

ちなみに正しいスペルは「LAGER」です。

もし自分が関係者で、この誤植を見つけてしまったら、顔は青ざめるを通り越して色を失ってしまうと思います。

「こんなの言われないとほとんどの人は気づかないよ」

「むしろレア感があっていい!」

と、思ってしまいますが、大企業からすれば「赤っ恥」以外何ものでもないですから、気にせず発売することは難しかったのかもしれないですね・・。

販売中止になったビールは廃棄?

この限定コラボビールは、全国のファミリーマート約16,300店で1月12日から発売される予定でした。

誤植が見つかって発売中止になったのは1月8日なので、商品はすでに出来上がっていたはず・・。

大量に出来上がったビールはどうなってしまうのか?

まず、公式サイトでこの件について触れられていたのはサッポロビールのみでした。

サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙島英也)と株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司、以下ファミリーマート)との共同開発商品である「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」の商品デザインの一部に、誤表記があることが判明したため、発売を中止することといたしました。
本商品は、1月5日の両社リリースで、1月12日に数量限定で発売することをご案内していました。

引用元:サッポロビール公式ニュースリリース

次にSNSを見てみましょう。

サッポロビールの1月8日のツイッターは

コラボビールの話題には一切触れられていません。

ファミリーマートのツイッターは

https://twitter.com/famima_now/status/1347453037254742016?s=20

こちらでも、全く触れられていませんでした。

この件について、公式で触れられていたのはサッポロビールの公式サイトのみで、販売中止になったビールがどうなるのかについては明記されていませんでした。

残念ながら現在のところ、スペルミスが見つかった商品がどうなるか、公式の発表はないようです。

消費者の反応

消費者の反応

今どきな対応ではないな
環境のためにも説明だけして普通に売った方がもったいなくないと思うが

消費者の反応

別にスペルが間違っていても味に変わりがなければ構わない。ビール党の私にすればどうでもいいこと。むしろプレミアかも?

消費者の反応

もしかして表記に関する取り決めがあって法的に販売不可なのかと思ったら、消費者の適正な商品選択を保護し、公正な競争を確保するための「ビールの表示に関する公正競争規約」によると「ラガー」は任意表記とのこと。。
やっぱり勿体無いから売って欲しいな。。

消費者のほとんどは、「廃棄はもったいないから、売って欲しい」という内容でした。

近年では企業がSDGsを掲げて活動していることから、食品ロスを問題視する声の方が圧倒的に多かったです。

また、スペルミスをしてしまった担当者をなぐさめるような暖かいコメントや共感のコメントも。

消費者の反応

いずれにしても、この事業の担当者の方、気落ちしないでね。
消費者サイドは責めたり、買わないとか思う人、正直ほぼいないと思うよ。

消費者の反応

今おちこんでる担当者の方。
誰にだってこんなことあるさ、がんばれ!!!!!

消費者の反応

それにしても担当者の方は、この事が分かった時生きた心地がしなかったのではと心配になりました。頑張ってー!<

中には、同じグラフィックデザイナーの方もいて、「他人事に思えない」といったのもあったのかもしれないですね。

買うことはできる?

今のところ、この商品がファミリーマートの店頭に並ぶ可能性は低いようです。

ただ、ネットの反応からして、廃棄してしまうとそれはそれで大きな問題になりかねないので、どこかで販売される可能性はあると思います。

社員向けに安く売るのか、スペルミスを逆手にとったキャンペーンを打ち出して販売するのか。

個人的には、まだ笑い話にできるミスだと思うので、恥を忍んで大々的に売り出した方がいいんじゃないかなと思います。

まとめ

以上、販売中止になったサッポロビールとファミリーマートの限定コラボ商品の行方と消費者の反応についてご紹介しました。

このビールの行方について新たな情報がわかったら、追記したいと思います。

2021年1月14日追記

販売中止から一転。

サッポロビールとファミリーマートは2月2日に、共同開発商品「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を販売することを決めました。

サッポロビールは

「その後、本商品の取扱いを心配される声や、発売を切望する声など多数のご意見が寄せられ、両社にて慎重に検討を重ねた結果、お客様のご意見を真摯に受け止め、発売中止の決定を取り消すこととしました」と発売のいきさつを説明しています。

世間の声が届き、苦労して開発されたビールが廃棄にならずに済んでよかったです。

最後までご覧いただきありがとうございました!